スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保冷給水ボトル用カバー♪

昨日は、次男・三男に付き添い、

愛知まで剣道遠征に出かけておりました。



昨日の遠征にど~しても間に合わせたかったのに、

あまりの眠気にミシンを踏むこともままならず、

前日は早々にダウン。。。



遠征も終わった今朝になって、

やっと仕上がったのがこちら↓

IMG_8696.jpg

これ、なんだか分かりますか?

中身を出すとこんな感じ。。。


IMG_8697.jpg

剣道の稽古に使う、給水ボトルです。

昨日の遠征もそうでしたが、

どんなに暑くてもひたすら続く試合稽古。

面を外しての水分補給が出来ない時に役立つアイテムです。



これ、購入したのはいいんだけど、

カバーが無くて。。。

なので、これまでは必殺タオルぐるぐる巻きで使用してたんだけど、

やはしカバーを作ってやらねばと重い腰を上げたわけです。

遠征前日に!(遅いよね~

結局、今回の遠征もタオルぐるぐる巻きで使用したわけ。。。
いいの!すぐにまた遠征だから!)


IMG_8702.jpg

内側には100均一の保冷シートを挟んで、

冷たい飲み物が少しでも冷たいままでいてくれるように。


それから、今回こだわりのポイントがこちら↓

IMG_8699.jpg

ボトルの出し入れがしやすい用にファスナー開きにすること。

あと、

IMG_8700.jpg

持ち手を取り外し可能な状態にしておくこと。

IMG_8704.jpg

持ち手は、市販のアクリルバンドに、

共布をのせてみました。


IMG_8698.jpg

難点は、この生地・・・

パット見、生地の向きが上下逆に見えるんだ。。。

黒のボーダー部分が逆だからね。

だけど、だけど、

白いボーダー部分はこちらの向きで正解!

上下の無い生地なんだよ~~~~。

黒い方を優先して方向合わせたらよかった。。。)

IMG_8701.jpg

縫いにくかった丸い底。

IMG_8703.jpg

ファスナー持ち手部分には、共布で紐を。。。



にしても、今回のこの保冷カバー。。。

適当に給水ボトルを横に置いて型紙作成したせいか、

縫製過程で多々難点が発生し、

補正に補正を重ねるはめに。。。

なので、アップにしたら、

ミシン目をほどいたあとが沢山あったりする。

今度、三男用を作る時には、

もう少しこましに作らねば。。。



なにはともあれ、剣道の稽古、頑張るべし!

ランキング参加中!


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村いつも応援ありがとう♪


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

no subject

こんばんは^^
こんなものまで作れちゃうなんてすごい!!
水筒の保冷用のカバーなんて買うしかないと思ってたよ(^O^)
ロボットがとてもかわいいね!

昨日の剣道の練習は・・・ちょっと熱中症みたいになっちゃって
早々に大事をとって帰って来ました><
毎日暑いから気を付けて練習に励もうね♪

Re: no subject

ユキコ・デラックスさんへ


見よう見まねで、何でもかんでも作ってみたくなるまるこめママです(笑)
試行錯誤はしたけど、なんとか完成できました。

剣道の稽古中の熱中症、怖いよね~。土曜日の遠征先でも、基本技の稽古中に嘔吐する子とかいたよ。。。この暑さの中、面付けてるとね。。。

毎回、濡れタオルを凍らせて沢山持参してるんだけど、しんどくなった時に脇や襟足部分を冷やしてやるとかなりいいよ。お試しあれ♪

再び参考に・・・

お久しぶりです。
以前、竹刀袋の作り方を参考にさせていただき、
無事完成させることができました。
ありがとうございました!

今回は、ウチも給水ボトルのカバーが必要で、
巾着の作り方がこちらにあったなぁと思い、参りました。
そしたら何てタイムリーな!!まさしくボトルカバーが!!

ミューラーのボトル、カバーが売ってない上に
中身がすぐにぬるまってしまうのですよね・・・。
息子に水滴がすごくてカバンが濡れると言われて、
私もとりあえずタオルぐるぐる巻きにして持たせてましたが、
かさ張るので、とうとう重い腰を上げて・・・という感じです。

またまた参考にさせていただきま~す!

Re: 再び参考に・・・

あめいさんへ

竹刀袋、参考にしてくださったんですね!アップした甲斐があったってもんです(T_T)

ボトルカバー、なんで早く作らなかったんだろうって思うくらい、この夏は大活躍でした。ぜひぜひ、参考にして作ってみてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。